千葉市中央区みねピアノ教室の峰聖美ですฅ‎^•ﻌ•‎^ฅ

 

 

 

みねピアノ教室の生徒さん全員が使っている

バスティン ピアノ パーティーA

 

・指先のタッチ(☜テクニック)

・身体の使い方(☜メカニック)

・基本的なリズム(☜八分音符や付点二分音符あたりまで)

・楽な譜読みのやり方

・長調と短調(☜お耳を育てる)

など

 

いろんなアプローチから

総合的にピアノを学べる楽譜

 

峰先生は

とても重宝しております✧

 

 

 

そんな

学ぶこと盛りだくさんな

バスティン ピアノ パーティーAを

 

生徒さんのKちゃん(年長)が

爆速で修了しました✧

今年は

 

ピティナ ピアノ・ステップに

コンクールに

お教室恒例のクリスマス会と

 

本番をたくさん経験するKちゃん✧

 

 

 

本番をたくさん経験するということは

それだけ

素敵な曲との出会いがあるということ✧

 

 

 

元々

 

ピアノが大好きで

演奏も素敵なKちゃんですが

 

今年度は

かなり

飛躍の年になりそうですね✧

 

 

 

 

 

レッスンで

Kちゃんに

 

「今年度は

たくさん曲をこなせるので

 

まだKちゃんが習ってない

 

指先のタッチとか

表現方法とか

楽譜の読み方とか

 

いろんな引き出しが増えるから

楽しみだね✧

 

 

 

楽譜って

 

みんなこれは

書かなくても知ってるよね~ってことは

端折られて

書かれてないんだよ。

 

全部書いちゃうと

楽譜が真っ黒になって

音符や記号が分からなくなっちゃうからね。

 

 

 

曲が作られた

当時の人達って

みんな

ものすごーく教養があって

 

ピアノを演奏する人も

演奏を聴く人も

 

“音楽の当たり前”を

たくさん知ってたから

楽譜も端折られて書かれてるんだよ✧

 

伝えると

 

Kちゃん

目をまーるく見開いて

 

とっても

びっくりしていました(笑)

 

 

 

そんなKちゃんが

とっても可愛くて

 

めちゃめちゃ癒されましたよ✧

 

 

 

 

 

これだけお伝えすると

たしかに

びっくりするかもしれませんが

 

私達の生活の中にも

いろんな

“当たり前”がありますよね?

 

 

 

例えば

 

皆さんは

他所のお宅や

お座敷のあるお店に入るとき

 

靴を脱いだら

どうしますか?

 

 

 

ポーンと

放り投げたり

しないですよね?(笑)

 

 

 

多分

靴を揃えて

お家に入りますよね✧

 

これって

日本人にとっては

“当たり前”のことですよね。

 

 

 

“当たり前”のことなので

 

他所のお宅の玄関や

お店の入り口に

 

「玄関で靴を脱いだら

揃えて入室しましょう。」

 

書いてある所は

あまりないですよね。

 

 

 

ピアノの楽譜が

端折られているのも

これと同じくらいの感覚なんです。

 

 

 

 

 

せっかく

ピアノを習っているので

 

私は

“音楽の当たり前”を

 

レッスンで

生徒さん達に

たくさん教えてあげたいなぁと

思っております✧

 

お問い合わせはこちらから