千葉市中央区みねピアノ教室の峰聖美ですฅ‎^•ﻌ•‎^ฅ

 

 

 

本日の

ブログのタイトルにもなっておりますが

 

 

 

親御さんは

「ピアノの練習しなさい!」

と、お子さんにあまり言いたくないですよね。

 

 

 

もちろん

お子さんも

言われたくないと思います。

 

 

 

峰先生も

あまり言ってほしくないです。

 

 

 

なぜなら

 

私が幼少期に

 

母から

「なんで練習してないの!

はやく練習しなさい!!」

 

厳しく言われるのが

ものすごーく嫌だったからです(笑)

 

 

 

今回は

 

親御さんのお悩みあるあるの1つ

お家練習の声掛けについて

 

こちらでも

シェアできましたら嬉しいです✧

峰先生が

お家練習で

親御さんにお願いしたいことは

 

 

 

 

 

まず

 

①練習できる環境を作っていただくこと

です。

 

 

 

例えば

親御さんが

楽しそうにテレビを見ていたら

 

お子さんだって

テレビを見たくなりますよね。

 

「わたし(☜親御さん)はテレビ見てるけど

あなた(☜お子さん)は、ピアノの練習しなさい!」

 

と言われたら

 

お子さんは

「なんで?ズルい!」

と、なりますよね。

 

 

 

 

 

次は

 

②「練習しなさい!」を

「この前のレッスンではどんなことをやったの?教えて~!」に

言い換えてみてください。

 

そうすると

 

意外と

前向きに

ピアノへ向かってくれることが多いです✧

 

 

 

しかも

 

レッスンでインプットしたことを

 

お家で

親御さんへアウトプットするので

 

自分のものになるスピードがアップします✧

 

 

 

さらに

 

お子さんが教えてくれたことや

お子さんの演奏について

具体的に褒めてあげると

 

嬉しくて

自分から

ピアノに向かうようになります✧

 

 

 

すこーし

伝え方の工夫をするだけで

 

お得になることが

たくさんありますね✧

 

 

 

 

 

②が有効じゃなかったよ~という方は

③「ママ(orパパ)と、ピアノで遊ぼうか!」

と、声掛けしてみてください。

 

「練習しなさい!」と

怒られるより

 

お子さんとしては

楽しい気持ちで

ピアノに取り組めると思います✧

 

 

 

これは

私の経験談ですが

 

子どもは

親の言うことは聞きませんが(笑)

親の行動はよく見ています。

 

 

 

小さい頃

 

母に

「はやくピアノの練習しなさい!」

と怒られたとき

 

私は

「お母さんだってよく

あとでね~って言うやん!」

 

と、言い返したこと幾星霜・・・(笑)

 

 

 

他にも

いろんな(お笑い)エピソードがありますが

 

全部書き出すと

巻物になってしまいますので

割愛させていただくとして・・・

 

子どもは

本当に

びっくりするくらい

親の行動をよく見ています。

 

 

 

なので

 

ピアノの練習をしてほしいな~と思ったら

 

まず

 

親御さんが

ピアノって楽しいんだよ~ということを

行動で示してあげた方が

 

お子さんは

ピアノに向かいやすくなると思います。

 

 

 

誰もいないお店よりも

お客さんがたくさんいるお店の方が

なんだか興味を惹かれるのと一緒で

 

親御さんが楽しそうにしている方が

 

お子さんも

「なんだか楽しそう」と

興味を持ちやすいですよね✧

 

 

 

 

 

ちなみに

 

②や③をやってみたけど

あまり練習が上手くいかなかった場合は・・・

 

 

 

④休憩してみてください。

 

 

 

お茶を飲むでも

YouTubeでお気に入りの曲探しをするでも

他の趣味でも構いません。

 

頭と身体を

リフレッシュしてみてください✧

 

そういう意味でも

 

ピアノをはじめ

趣味をたくさん持っておくことは

とても大事なことだと思っております。

 

 

 

 

 

休憩しても

なんだか上手くいかないよ~という場合は

 

 

 

⑤サクッと諦めるのも1つの手です。

 

 

 

上手くいかないときは

 

練習方法が

間違っていたり

ご自身に合っていない場合があります。

 

煮詰まっているときは

視野も狭くなっています。

 

 

 

鯛を釣りたいのに

川へ行っちゃっている状態

をイメージするとわかりやすいかもしれませんね。

 

 

 

そういうときは

次のレッスンで

峰先生に相談してみてください。

 

意外と

あっさり解決する場合もあります✧

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

少しでも

皆さんのご参考になりましたら

嬉しいです✧

 

お問い合わせはこちらから