千葉市中央区みねピアノ教室の峰聖美ですฅ‎^•ﻌ•‎^ฅ

 

 

 

 

 

みねピアノ教室の生徒さんYちゃん(小2)

 

お引越しで

他所のお教室から移ってきて

4ヶ月になります✧

「基礎をしっかり習いたいです!」

とのことで

 

親御さんの

温かいサポートを受けながら

 

毎回

一生懸命

練習してきてくれます😊✧

 

 

 

 

 

絶賛

色んなことを吸収中の

Yちゃんですが

 

少し前のレッスンで

 

「どうして

峰先生はYちゃんに

指番号を守ってねって言うのか

理由、分かるかな?」

 

指番号の大切さ

お話しになりましたので

 

こちらでも

シェアできましたら嬉しいです✧

 

 

 

 

 

 

 

峰先生は

 

生徒さんに

指番号の大切さについて

お伝えするときに

 

 

 

そもそも

 

どうして

楽譜に指番号がふられているのか?

 

について

お話ししております✧

 

 

 

 

 

指番号を守りながら

ピアノを弾くって

結構大変ですよね?

 

指番号を守らなくても良いなら

やるべきことが1つ減って

気持ち的にも楽になるとおもいます。

 

 

 

が、しかし

 

指番号が書いてあるということは

何かしら

理由があると思うのです。

 

 

 

 

 

そんな時

 

私は

生徒さんに

 

 

 

「指番号って

 

この指の順番で弾いたら

とても楽に

この曲が弾けるんだよ~って

 

演奏する人を

エスコートしてくれてるんだよ✧」

 

 

 

お伝えしています✧

 

 

 

 

 

どうしても

楽譜に書かれている

指番号が

 

自分とあまりマッチしないケースも

あるかもしれませんが

 

(☝その場合は

ご自身で指番号を考える必要があります。

 

慣れないうちは

峰先生に相談して頂いても

全然オッケーですよ✧)

 

 

 

基本的に

 

指番号を守らないで

ピアノを弾くということは

 

自分から

いばらの道(☜難しいこと)を選んでしまっている

 

ということなんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

 

 

 

ご自身で

 

指番号や

アーティキュレーション(☜表現方法)を

考えてほしい

 

という思いから

 

 

 

白楽譜

というものもありますよね。

 

 

 

 

 

コンクールの指定などで

白楽譜を使わなくてはいけない場合は

 

 

 

他の版の楽譜を

見比べてみて

 

参考にしてみるのも

良いのではないかと思いますよ😊✧

 

(☝一口に

楽譜と言っても

 

色んな出版社から

同じ曲が

販売されていることもありますよね。

 

自分のお気に入りの

楽譜の出版社を探してみるのも

楽しいかなと思いますよ✧)

 

 

 

お問い合わせはこちらから