千葉市中央区みねピアノ教室の峰聖美ですฅ‎^•ﻌ•‎^ฅ

 

 

 

以前

『マツコの知らない世界』という番組で

 

ディズニーランド

ディズニーシー

の特集があった時

 

ジャニーズの風間俊介さんが

 

 

 

「ディズニーランドにおける

アトラクションや

隠れミッキーというのは

 

パフェでいう所の

1番上に乗っかっている

生クリームみたいなものです。

 

生クリームだけ味わって

ディズニーを知ったつもりになるのは

本当にもったいない!

 

何が悪いのかと言うと

生クリームが美味しすぎるから

 

みんな

生クリームが

ディズニーランドだと思っちゃってるんです。」

 

 

 

という

パフェの生クリーム理論

お話しされていて

 

とても素敵な例えだなぁ✧

 

めちゃめちゃ感動したのを

今でも覚えております。

これは

レッスンあるあるなのですが

 

生徒さんに

宿題を出すと

 

お気に入りの曲であればある程

(☝特に、発表会やコンクールで演奏するような素敵な曲に多いです)

 

お家で

速いテンポばかりで

練習してくることが

結構あります。

 

 

 

そんな時

 

私は

生徒さんに

 

「ただ速く弾く練習を10回するより

 

ゆっくり

いろんなことを考えながら1回練習する方が

 

はやく

曲が素敵に弾けるようになるし

格段にピアノが上手になります✧

 

お伝えしております。

 

 

 

速く弾くと

とても気持ちよく感じるので

(☝お気に入りの曲ならば尚更、当たり前の感覚です)

 

生徒さんのお気持ちも

とってもわかるのですが・・・😅

 

 

 

ものすごーく大切なことなので

知識と経験として

ぜひとも知っておいてほしい

 

誠実に

お伝えするようにしています✧

 

 

 

 

 

ピアノは

猫ちゃんが鍵盤の上を歩くだけで

音が鳴ります。

 

つまり

鍵盤に触れれば

誰でも簡単に音が出せる楽器です。

 

意外かもしれませんが

 

ピアノは

誰でも簡単に“弾ける”楽器です。

 

 

 

一方

 

ただ音を鳴らしたり

楽譜を追うだけ

ではなく

 

指先や身体をコントロールして

自分の思いや感情を

音楽にのせて表現することを

 

峰先生は

“演奏する”と言う

のではないかなと思っております✧

 

 

 

“弾く”と“演奏する”の違い

踏まえておくと

 

ゆっくり

いろんなことを考えながら練習することの

大切さ

 

なんとなく

理解して頂けるかなと思います。

 

 

 

まさにこれは

パフェの生クリーム理論

 

生クリームだけを味わっている状態が

“弾く”

 

生クリームも

まわりのフルーツも

下の層まで

全部味わっているのが

 

“演奏する”

ということですよね✧

 

お問い合わせはこちらから