千葉市中央区みねピアノ教室の峰聖美ですฅ‎^•ﻌ•‎^ฅ

 

 

 

皆さんは

「汎化(般化)」

という言葉をご存知ですか?

 

 

 

私は

お恥ずかしながら

最近この言葉を知りまして

 

ものすごーく

色んなことを

考えるきっかけになりましたので

 

 

 

みねピアノ教室の生徒さんYちゃん(小3)の

レッスン風景を交えながら

 

シェアできましたら嬉しいなと思い

ブログを書いてみました😊✧

Yちゃんは

 

「基礎を

しっかり身に付けたいです!」

とのことで

 

昨年から

みねピアノ教室に

通ってくださっております✧

 

 

 

・ピアノを弾く時の姿勢

・指先のタッチ(☜テクニック)

・身体の効果的な使い方(☜メカニック)

・曲に合った表現(☜アーティキュレーション)

・楽典(☜ソルフェージュ)

・譜読みのコツ

 

ザッと挙げてみましたが

 

この1年

お家の方の温かいサポートの元

本番(☜クリスマス会)を経験したりして

 

色んなことを

レッスンしました🎹✧

 

 

 

 

 

「今年の発表会も出たいです!」

と言ってくれまして

 

本番に向けて

準備を進めている最中なのですが

 

新しい曲の

レッスンをスタートしてみて

びっくり!

 

 

 

なんとYちゃん

 

たった1ヶ月(☜実質的には2・3週間)で

音ミスもなく

リズムもスラスラと

 

片手ずつ

自分の力で

丁寧に譜読みをしてきて

 

両手の練習に

サクッと入ることが出来ました😲✧

 

 

 

 

 

昨年は

 

前のお教室から移ってきて

半年で本番

ということもあり

 

クリスマス会直前まで

 

「ここのリズム

どうやって弾いたらいいのか

分からないんです~😖」

 

という状態の中

 

なんとか

Yちゃん本人の頑張りもあって

本番を無事に迎えられたのですが😂✧

 

 

 

 

 

今年は

 

昨年よりも

難しい曲にチャレンジしているのに

驚きのスピードで譜読みを終えて

 

(☝しかも

本当に丁寧に譜読みをしてきてくれて)

 

Yちゃんの成長を

ものすごーく感じまして

 

(☟まだレッスン序盤ではありますが)

めちゃめちゃ感動してしまいました😂✧✧

 

 

 

よく生徒さん達に

 

「息をするくらい自然に

習ったことが出来るようになることが

最終目標で

理想だよ~✧」

 

とお伝えしておりますが

 

 

 

(☝出来たらパーティー✧

 

出来なかったときは

出来るまで復習すれば良いだけだよ~✧

 

とも、お伝えしております😊✧)

 

 

 

やはり

実際に

生徒さんの成長を感じられたり

伸びしろの片鱗を見ることが出来ますと

 

ものすごーく

幸せな気持ちになりますね😊✧

 

 

 

 

 

 

 

ですが

 

息をするくらい自然に

(ピアノに限らず)

出来るようになるのって

 

結構大変なことですよね?

 

 

 

このような

 

適用出来るようにすること

一般化すること

普遍化すること

など

 

日常生活での応用力

と深い繋がりを感じる

ワードのことを

 

「汎化(はんか)」

と言うそうです。

 

(☝もちろん

これだけではなく

 

深掘りしていくと

もっと色んな意味があるようですので

 

興味を持たれた方は

ご自身で調べてみるのも

良いんじゃないかなと思いますよ✧)

 

 

 

 

 

少し前に

SNSで

 

たまたま

「セルフレジが苦手な人」の投稿を

目にしたことがありました。

 

セルフレジが

得意な人

苦手ではない人

からすると

 

「何で出来ないの?」

「何で分からないの?」

 

と、思った方も

いらっしゃるかもしれませんし

 

セルフレジが苦手な人の列だけ

なかなか進まず

イライラしてしまう方も

いたかもしれませんね。

 

 

 

峰先生も

ピアノのレッスンや

お料理を教わっている時など

 

「見たらわかるでしょ?」

「何で出来ないの?」

 

と言われたことが

結構あります😅

 

(☝ピアノですと

リズム・譜読みが

特に苦手でした😖)

 

 

 

特に印象深いのが

お野菜の乱切りでして

 

初見で正解にたどり着くことなど

到底できず

 

どの角度で切るのが正解なのか

頭の上で

ハテナが宙を舞いまくっておりました😅

 

 

 

 

 

十人十色

千差万別

という言葉もあるように

 

教えられたら

すぐ出来る(適応出来る)こともあれば

 

教えてもらっても

めちゃめちゃ時間がかかる場合も

 

あるわけです。

 

 

 

☝︎私の感覚ですが

「出来る」と「出来ない」の間には

 

「出来るけど疲れる」

「出来るけどミスが起こりやすい」

「出来ない寄りの出来る」

というような

 

グラデーションの感覚がある

イメージです。

 

 

 

 

 

すぐ出来る場合は

めちゃめちゃハッピーですが

 

時間がかかる場合は

めちゃめちゃ大変ですよね。

 

 

 

何度も

練習を繰り返して

 

いつもと同じ所

だけではなく

 

違う所でも

同じように出来るように

新たな練習を経たりして

 

長い時間をかけて

経験を積んで

習得していくわけですから。

 

 

 

セルフレジに限らず

(☝お店によって

操作方法が微妙に違うなど)

 

その場・その場で求められる

対応・振る舞い・所作などが違ってくると

 

混乱したり

困ってしまうことって

あるんじゃないかなと

感じております😖

 

(☝ピアノですと

発表会やコンクールの

ホール・方針・運営によって

臨機応変に対応しなければならない

場面もあります。

 

時には

大なり小なり

アクシデントが起こる可能性も

ありますよね。)

 

 

 

スマートに

「臨機応変」が出来る人って

本当に素晴らしいなと

常日頃思っております😍

 

 

それと

同じくらい

 

「汎化」という

言葉・内容を知って

 

(汎化に限ったことではありませんが)

知識・教養を得て

 

他人が

自分には想像出来ない理由で

困っていることもある

 

ということを

知っておくことは

 

自分の(無用な)イライラスイッチを減らして

 

自分や他人の

心の平和や

心地良い感情・関係を

守ることにも繋がるように感じますよ😊✧

 

 

 

 

 

これまた最近

 

宇多田ヒカルさんが

インタビューで

 

「自己肯定感って

何でも『いいよいいよ、最高』って

言うことじゃなくて

 

子どもが悲しいと思ってたら

大人からしたら大したことじゃなくても

『悲しいよね』って

 

その都度認めてあげる

そういうところから芽生えてくる」

 

と、おっしゃっていて

 

嗚呼・・・

私が子どもの頃に

この言葉を聴きたかったなぁ・・・😂✧

 

と思ったり

 

あまりにも

激しく同意でしたので

 

頭から

煙が出るくらい

 

文章を読みながら

何度も頷きまくってしまいましたよ😂✧

 

 

 

 

 

大人も子どもも

 

日常生活や

将来の自立・自律のためや

趣味のためなど

 

何でもそうですが

豊かさの幅が広がるって

とっても大事なことですよね😊✧

 

お問い合わせはこちらから