千葉市中央区みねピアノ教室の峰聖美ですฅ‎^•ﻌ•‎^ฅ

 

 

 

みねピアノ教室の生徒さんYくん(中1)✧

 

 

 

クリスマス会の翌日(11/15)は

 

通っている中学校の

合唱コンクールの日でした。

 

 

 

Yくんは

伴奏者として

舞台に上がり

 

 

 

ベストピアニスト賞

受賞したそうです😊✧

 

(☝Yくんのクラスは

準優勝だったそうですよ✧)

合唱コンクールの後

 

Yくんから

喜びのメールがきたのを見て

 

峰先生も

とても嬉しくなりました😂✧

 

 

 

 

 

 

 

何より

峰先生が嬉しかったのは

 

 

 

ほとんど

Yくん1人の力で

 

(☝お母様のサポートを受けながら

Yくん自身で工夫して)

 

本番に向けて

準備が出来た

 

ということです😊✧

 

 

 

 

 

実際に

 

峰先生が

Yくんに伴奏のレッスンをしたのは

 

 

 

・伴奏者を決める

 オーディション前の1回

 

合唱コンクール直前のレッスンで

 仕上げのチェックをした1回のみ

 

たった2回だけです✧

 

(☝︎もちろん

 

Yくんには

「困ったことがあったら

いつでも相談してね😊✧」

 

と、お伝えしておりましたが)

 

 

 

 

 

なので

 

 

 

Yくんが

 

みねピアノ教室の

最終目標の1つでもある

 

自分の力だけで

音楽を味わいながら

素敵な演奏が出来る✧

 

その目標に一歩近づけた✧

 

 

 

Yくんの

(手取り足取り教える段階から)

自立への一歩を感じることが出来た✧

 

 

 

そんな気がして

 

峰先生は

とっても、とっても、嬉しかったのです😂✧

 

 

 

 

 

 

 

“何かをする”

ということは

 

大なり小なり

 

何かしら

リスクが伴うものです。

 

 

 

 

 

例えば

 

 

 

ピアノを習う

と決めたのなら

 

(☝︎今回のYくんの場合ですと

合唱コンクールの伴奏者になりたい

と思ったら)

 

 

 

ピアノの練習をするために

ピアノが上手になるために

遊ぶ時間を減らす。

 

(☝今までを10:0とするならば

 

遊ぶ時間を少し減らして

ピアノの練習時間を確保して

 

5:5とか、6:4とか、3:7の状態にしてみる✧)

 

 

 

レッスンがあるから

練習しなきゃ

と思っていても

 

練習するためには

上達するためには

遊ぶ時間を減らすことを決める

 

ということに

フォーカス出来ていないと

 

 

 

自分が思い描いていた

結果を出せなくて

 

後悔してしまうことも

あるのではないかと思います。

 

(☝︎もし、それが難しいようであれば

 

ご自身のやりたいことと

ライフスタイルのバランスを

 

調整する必要がありますね😊✧)

 

 

 

 

 

ピアノだけでなく

 

お勉強も

他の習い事も

 

みんな一緒で

 

 

 

レッスンに来るだけで

上達するという

 

夢みたいなお話は

 

なかなか

ないですよね😅

 

 

 

(☝どんなジャンルでも

 

お家で復習されている人や

お家でトレーニングを欠かさない人の方が

 

上達のスピードが速いですよね😊✧)

 

 

 

 

 

 

 

このような

 

リスクの存在を知っている

リスクの存在に気付ける

 

 

 

後悔しないために

 

“自分で考えて

自分で決めて

 

自分で自分を

導いてあげられる”

 

スキルが磨かれると思いますし

 

 

 

もしも

困った時に

 

自分で

自分を

どうやって

助けてあげられるのか

 

という

 

 

 

柔軟な思考が育まれたり

 

失敗を受け止めていく

プレシャスな経験ができて

 

 

 

それは

 

そのまま

 

 

 

みねピアノ教室の理念である

 

大切なお子さんの

“生きる力”

 

直結していると

考えております😊✧

 

お問い合わせはこちらから